最高の一杯を演出する|グルメ大衆化時代に欠かせないフードコーディネーターの知識や技術

グルメ大衆化時代に欠かせないフードコーディネーターの知識や技術

最高の一杯を演出する

カフェ

エスプレッソの国から

バリスタは、コーヒーを提供する仕事を行います。元々バリスタはイタリアのカフェであるバールでコーヒーを提供する人のことを言います。イタリアは世界でも名高いエスプレッソの発祥の地で、大変コーヒーを好む国です。したがって舌のこえたコーヒー好きの厳しい目にかなったバリスタは非常に人気が高く、人々の尊敬を受けているのです。現在我が国はカフェブームで、コーヒーを味わう人が増えています。そんなことからコーヒーのプロであるバリスタを求める声が高く、さらにカフェやコーヒー専門店の経営を目指す人も増えているため、バリスタの人気が上昇中なのです。また、カフェやコーヒ専門だけでなくホテルやレストランなどでもバリスタを採用するところが増えており、活躍の場は今後ますます広がると見られています。

コーヒーのプロになるには

バリスタになるための資格は特に必要とされていません。そのためこれを目指すには、カフェで一から技術を学んでいくか、もしくは専門学校や養成スクールで学ぶことになります。従来はカフェで修行して一人前になるパターンが多かったようですが、現在は専門学校などで学んでからこの仕事につく人が増えています。専門学校では、コーヒーの歴史や豆の種類などの知識、バリスタに必要な機器の扱い方を学び、最高の一杯を提供できる下地を身につけていくのです。ただし、学校によってはバリスタ専攻のカリキュラムを設定しているところの他に、コーヒーを淹れるだけでなくカフェの経営を重視したカリキュラムを設定しているところもあり、学校を選ぶ際には事前に自分がどの方向を目指すのかしっかり考えておくよう注意が必要です。