グルメ大衆化時代に欠かせないフードコーディネーターの知識や技術

女性

安心で利用しやすい

自分の料理の腕前を証明するためには、調理師免許を取得しているよいでしょう。調理師免許は、国家資格の一つではありますが、専門学校に通わなくても受験が可能という特徴があります。しかし、専門学校では基礎から料理について学ぶことができ、卒業と同時に調理師免許の資格が得られます。

カフェ

最高の一杯を演出する

バリスタはコーヒーを提供するプロです。現在のカフェブームにより需要が高まりこれを目指す人が増えていますが、バリスタを目指す人の多くが専門学校で学んでいます。なお専門学校にはバリスタ専攻課程の他カフェ経営を重視する課程があり、学校選びの際には注意が必要となります。

ウーマン

知識を深めるために学ぶ

コーヒーを飲むことで眠気覚ましやリラックスなどの効果を発揮し、身近なとこで販売されているので誰でも手にいれることができ多くの人が利用されています。そのコーヒーに関して勉強し、資格取得を行なっている人もたくさんいます。

ますます注目の仕事

男の人と女の人

独立する道が開けます

B級グルメという言葉に代表されるように、食へのこだわりは大衆へと広がり、誰でも楽しむことが出来るようになりました。フードコーディネーターの役割は、人々の食へのこだわりが馴染み深くなればなるほど、大きくなっていくものです。現在では、フードコーディネーターの活躍の場はどんどん広まっており、料理教室や飲食店を開いたり、本を出版したりと独立している方もたくさんいらっしゃいます。また、独立してフードコーディネーターとしての実績を積むことができれば、店舗をこれから出すという人にコンサルティングをしたり、セミナーを行うような活動も可能です。なお、フードコーディネーターは、味付けや盛り付けの際に、味覚や色彩など多様なセンスが求められますから、センスの良い方に向いている仕事と言えるでしょう。

どんな資格なのか

フードコーディネーターとして働くためには、必ずしも資格が必要というわけではありませんが、ほとんどの方が取得しているようです。なぜなら、フードコーディネーター資格を持っていることで、一定以上の実力があることを示すことができるからです。フードコーディネーター資格は、1級から3級までが設けられており、1級はプロレベル、2級はアシスタントレベル、そして3級は入門レベルとされています。デザインアートや経済・経営、文化や科学と言った内容が食と絡めて出題されるため、広い視野が身に付きます。上級レベルになれば、企画書の作成やプレゼンスキル、作品提出までが求められますから、かなり濃密な学びとなります。そして、独立を目指すのであれば、やはりフードコーディネーター1級を取得しておきたいところです。